星つむぎの棋譜日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

81Dojoのお話。 Part1

(8月1日13時頃 加筆しています)


久しぶりに更新します。
……このブログの存在自体、既に忘れかけていました(^_^;)。
表題通り、81Dojo http://81dojo.com/jp/ についてです。

81Dojo(エイティーワン道場、はちいち道場などと呼びます)は、オンラインの対局場です。
将棋倶楽部24、将棋ウォーズなど、オンラインで対局できる場所は数多ありますが、
81Dojoには、ここにしかない利点が幾つもあります。

ということで今日は、完全に81DojoのPRブログです。Part1!

http://81dojo.com/ が81Dojo英語版ページ、
http://81dojo.com/jp/ が81Dojo日本語版ページです。
英語版のほうを最初に開いて、ギョッとする方も一部いるようですので、念の為。
(言語選択は、ページ右上のEnglish/日本語をクリックしてください)


以下、長文になりそうなので、項目の目次を立てておきますね。

① カンタン会員登録
② 81Dojoのロビー画面
③ 対局の観戦
④ 対局を開始するには
⑤ 対局画面
 

では本題に入りまする。





① カンタン会員登録

登録は5分とかかりません。
「登録・変更」から、ユーザIDとパスワード、暫定の棋力(おおよそ町道場基準でOKです)、
メールアドレス(変更不可)、国名(出身国ないし在住国)を入力すれば、登録完了です。

(※将棋倶楽部24ユーザーは、登録時に下記リンクを参照されると良いでしょう。
http://81dojo.com/documents/index.php/Rating_System

では、対局アプリをご説明します^^。
81Dojoアプリには、日本語版と、国際版(約20カ国語対応!)があります。
日本語版を使うなら、http://81dojo.com/jp/ からログインしてください。
国際版を使う場合は、http://81dojo.com/ からログインします。
サーバーは通常、メインロビーであるEARTHを選択します。



② 81Dojoのロビー画面

これ↓が、81Dojoアプリのロビー画面です。
日本時間の夜間は最も人が増えます(100人越えが普通になってきました)。
日本語版は背景が黄色国際版は背景が緑です。
(以下の図説中、どっちも出てきますが、単に私が気分で両方使っているだけです。)

【写真1 81Dojo(日本語版)ロビー画面】

fc2-0001.jpg



ざっくりと説明します。

左上が、ログイン中のユーザ一覧です。
上位にいるGPSShogi/ponanzaと、その他81○○○○というアカウントは、自動対局のbotです。
81BABYという、このうえなく弱いbotから、勝率9割のGPSまで色々います。
最初はBABYと指しておいて、操作に慣れると良いかもしれませんね。
ハム将棋なんかとは、比較にならないぐらい弱いです。
(※しばしば▲2四歩を無視して、▲2三歩成と成らせてくれるようなレベルです)

左下が、現在対局待ちのユーザ一覧です。
手合いや持ち時間等は、部屋を作った相手によって、既に決められています。
(この点は、挑戦する側がルールを決める24とは違う仕組みですね)
それが気に入れば挑戦、気に食わなければ自分で「対局待」⇒部屋を作ります(後述)。

右上が、現在進行中ないし終局後の対局一覧です。
先後の対局者名・現在の手数・戦形!!・観戦者数などが表示されています。

右下が、ユーザへのメッセージが出るウィンドウです。
ここにチャットを書き込むと、全ユーザのロビー画面に表示されます。



③ 対局の観戦

次に、観戦についてです。
観戦するには、【写真1】の右上にある対局一覧から、任意の一局をダブルクリックします。
ここには、両対局者のID・現在の手数・持ち時間・手合いや戦形!(自動判定)まで載っています^^

任意の対局をダブルクリックすると、こんな画面になります。

【写真2 観戦中の画面】


fc2-0002.jpg


いかがでしょうか、この盤面デザインの美しさ。私は大好きです。
木目最高!!!駒はやっぱり菱湖でしょ!!!
…取り乱しました。

三浦八段を電王戦で負かした△GPS将棋に対し、
▲五段の人が、(阿部四段の使った)角換わり+9筋位取りで挑んでいますね。

観戦の際に有難いポイントが幾つかあるのですが、大きく3つ挙げておきます
1つめ。途中から観戦しても、棋譜は初手から全て読み込まれます。24には無い機能です。
2つめに、対局途中であっても、観戦者は棋譜を初手から巻き戻して見る!ことが出来ます。
3つめ。対局途中も終局後も、盤面上に自由に変化手順を再現する!!なんてことが出来ます。

特に3つめの機能は偉大です。ほかの所ではなかなか見ない機能だと思います。



④ 対局を開始するには

2つの方法があります。1.挑戦と、2.対局待ち設定です。

1.挑戦するには、【写真1】の左下、対局待ちユーザ一覧から挑戦したいプレイヤーを選びます。
対局待にしている相手は、手合い・持ち時間・レート戦orノンレート戦を、予め設定しています。
挑戦したいプレイヤーをダブルクリック⇒ユーザウィンドウが出るので挑戦を押して、対局開始です。

挑戦したい相手がいない場合/持ち時間等の設定が好みで無い場合は、
2.自分自身で対局のルールを設定して、部屋を作ります
【写真1】の左上、「対局待」ボタンをクリックすると、こんなウィンドウが現われます。


【写真3 対局待ち設定】


fc2-0003.jpg


1.レート対局では、現在4つの持ち時間・秒読み設定を選ぶことが出来ます。
0分30秒、5分30秒、15分60秒がメジャーで、45分60秒はほとんど見ません。
15分60秒が最も良く見かける持ち時間…かもしれません。

2.非レート対局では、持ち時間・秒読み設定を、相互間拘束を受けず自由に決められます。
(持ち時間=0分・5分・10分・15分・20分・30分・45分・60分、秒読み=10秒・20秒・30秒・60秒)
過去に、非レートの10秒将棋による大会が開かれたこともありました。またやらないかな?


2.非レート対局では、多彩な駒落ち対局を設定することが可能です。
香落ち・角落ち・飛車落ち・飛車香落ち・二枚落ち・四枚落ち・六枚落ちといった、24でも見かける手合いは勿論、
知り合いと特定の戦形を研究したりしたい場合に使えそうな定先(相手に先手を譲る)や、
八枚落ち・十枚落ち・裸玉や、トンボ・歩三兵・飛車左銀落ちといったマイナーな手合い、
ゴロゴロ将棋(5×6の盤、玉金銀歩のみ)・青空将棋(互いの歩が無い)などで遊ぶことができです。

81Dojoでの駒落ちは、対局待ちにしたプレイヤーが、レートに関わらず必ず上手番を引き、
挑戦者が必ず下手番を引くシステムになっているので、その点だけはご注意ください。


3.検討室機能では、任意の手合いから自由に局面を動かして検討することが出来ます。
Kifファイルを読み込んで、実戦譜を検討することも可能です。
…これは、81に慣れてきてから、使ってみると面白いと思います。


対局待ちの設定をした後は、誰かが挑戦してくるのを待ちます。
あるいは、任意の「対局待ちしていないユーザ」をダブルクリック⇒挑戦を押し、
対局の招待メッセージを送ることも可能です。



⑤ 対局画面

さあ、対局が始まりました。いきなりですが、図は4枚落ちの終盤です(私が上手番)。

【写真4 対局画面(四枚落ち上手番)】
※相手の方のアカウントに関わる部分等は完全に網かけにしています。
※国際版(背景緑)から英語でログインしていたので、英語表記部分が増えています。

fc2-0004.jpg




対局開始/終了時は、吹き出しボタンで挨拶文を選択します。

国際版なので、投了ボタンがResignになってますね。
対局画面は、観戦画面と大きく変わることはありません。
先後反転や巻き戻しが、対局中には当然ながら出来ない…ということぐらいですね。


(以下の3段落は8月1日13時頃に加筆)
81Dojoでの対局について、注意点があります。

二歩注意!!!
これだけは声をにして言いたかったので、かわりに文字を大きくしました。

…どういうことかと言いますと。
二歩などの反則手を着手すると、ポロロン♪という音とともに、負けのメッセージが即座に出てきます。
将棋倶楽部24などと違い、二歩が打ててしまうのです。要注意!


千日手についても加筆しておきます。
千日手の成立要件は「同一局面4回出現」ですが、千日手は成立時点で自動的に引き分け終局となります。
分かりやすくてありがたい機能です。時々「何回目だ?!」と混乱しますよね。あれ私だけですか?
(加筆部分は以上)


最後にもうひとつだけ注意喚起しておきます。
81Dojoでは、対局中に、対局画面以外のウィンドウを最前面に持ってきた場合、
(HPだろうがWord文書だろうがメールだろうが何でも同じです)
相手方には、あなたのアカウント名が、その間中は黒字から灰色の字に転じて見えます。
これは、いわゆる「ソフト指し」対策の一環としてシステムに組み込まれています。
あまり頻繁に別ウィンドウを触ったりしていると、相手方にあらぬ疑いを持たれる可能性は否めません。
対局中に、別のことに気を向けすぎるのは控えたほうが良いかと思います。



…全然終わらないですね。続編は後日!
この紙芝居作るのは、妙に時間がかかります(^_^;)
スポンサーサイト

テーマ:将棋 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/08/01(木) 00:45:10|
  2. 将棋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。